芸術の森でのレコーディング

2018-05-21
Column

5月19~20日にかけて、札幌芸術の森スタジオ&Cloud Lodgeにて柳真也(b.)氏のクインテットのレコーディング。

初めての場所で、久しぶりのスタジオレコーディングということでワクワクしながらの運転。すると、おー何か素敵な建物が。

素敵な建物に恐縮しながら中へ入る。

利用者の記念撮影の写真が貼ってあり、坂本龍一、大貫妙子、渡辺香津美、奥田民生(敬称略)達も写っており、このスタジオからは著名なアーティストの作品も生まれている事が分かる。

スタジオの入口からは素敵な音♪

実は柳氏のクインテットにはAとB(仮名称ですが)の2バージョン有り、今回はクインテットA (柳真也・舘山健二(ds.)・板谷大(pf.)・蛇池雅人(sax.)・酒本廣継(tb.))と、クインテットB (柳真也・舘山健二・蛇池雅人・長沼発(gt.)・山下ヤスシ(pf.))の両方を3日間かけてレコーディングするという壮大なものだったのだ。

しばらくして、既にレコーディングを開始していたクインテットAのメンバーと休憩時間に合流。

談笑などしながら時間が過ぎ、程なくクインテットAの録音は終了(プレイバックを聞かせて貰ったがとても素晴らしかった)。

いよいよクインテットB の録音開始ー!と意気込んで中に入ると、

す、凄いんですけど…と若干ビビりながらエンジニアやスタッフの方と挨拶を交わし、ピアノブースへ。

私がピアノを始めた頃の憧れが坂本龍一氏だったので「同じピアノが弾ける~!」なんてミーハー心まる出し。

宜しく頼んますね~などとピアノに呟きつつ、昼過ぎからレコーディング開始!で、翌日夜10時過ぎに終了~(色々と有ったが長くなるので割愛(笑))。

とても素晴らしい環境だった!

スタジオの音響に関しては勿論のこと、スタッフの方々の対応、食事、飲み物、宿泊、周辺環境、あと犬のオーティスも!多くのアーティストに愛されるのも納得。

そしてこんな素晴らしい機会を設けてくれた柳氏、そしてメンバーの皆さん。

ありがとー!

素敵なアルバムになると思うので、ご期待下さい!